教育内容

各教科の教員コメント

熱心な教師陣がみなさんをしっかりサポートします

数学科 大野 紀子

数学は単に公式を覚えて解ければよいということではありません。「この公式はどうやって導かれたのだろうか。」また、「どういう考え方をしたら問題が解けるだろうか。」「他の考え方(別解)で解けないだろうか。」などいろいろな筋道を考えることによって、"数学のおもしろさ" "数学の美しさ"に気づいていきます。この数学のおもしろさ・美しさに気づき、より探究心を持って授業にのぞむ生徒たちを育てていきたいと考えています。

国語科 早見 明美

国語科では、「読む」「聞く」「話す」「書く」という言語行為そのものを学習内容にしてそれを活動能力として身につけていきます。学年に応じて、様々なテーマの教材を学んでいく中で、きちんと認識し、思考する力を養います。また、口語文法だけでなく、古典文法も体系的に学んでいきます。人は自分のもっている言葉の範囲でしか物や世界を見ることはできません。今まで知らなかった「ことば」に出会い、自分の世界を広げていくことを一緒に楽しみましょう。

英語科 結城 史訓

英語を話したいと思っている人はたくさんいるでしょう。しかし、学校で習う英語は受験のための英語であって、高校卒業後は使えないと思っている人がいます。京都橘で学べば、卒業後も伸びる力が身に付きます。いっしょにトレーニングしていきましょう。自身や友人の異文化体験を授業の中に織り交ぜて話すことが得意です。様々な雑学を通して、世界へと目を向けるきっかけとなるような時間にしたいと思っています。また語学に対する興味関心の維持・向上を図っていきます。

理科 谷 健太郎

京都橘の理科の授業は、まずみなさんの興味関心を引き出し、その上で自然や科学技術の中にある「不思議」をみんなで実験や観察を通して考え、科学的なものの見方や考え方を身につけていきます。私自身は「見せる」実験をたくさん行って、少しでも多くの「不思議」をみなさんに見つけてほしいと思っています。また、京都橘のまわりの豊かな自然にもふれてほしいと思っています。いっしょにより多くの「不思議」を見つけ、見えないものを見抜ける力をつけていきましょう。

社会科 世良 記子

社会に目を向けること。身近なことや世界のことなど、新しいことを知り、自分なりに考え、みんなの意見に耳を傾け、そして、広い心と視野を持ってほしい。社会科では、自分たちが毎日過ごしている社会について「知ること」で、一人ひとりの世界を広げられるよう学習に取り組みます。たとえば、授業に登場する人物や日々のニュースなどを通して、生徒の意見や考えを引き出すように心がけています。自分の体験談をふまえながら、人の想いやコミュニケーションを大切にした授業の展開をしていきます。