Sコース【国公立進学コース】

きめ細やかな教育とSコースならではの
独自の取り組みで、確かな実力を蓄える

コースのポイント

週36時間+αの授業で5教科7科目入試に対応

難関国公立大学への現役合格をめざして、1年次から5教科7科目型入試を念頭においたハイレベルな授業を行います。週36時間の授業で基礎を固め、小テストで定着を確認。授業以外に+αで行われる特別講座は、週1回の「数学道場」をはじめ、5教科のさらなる実力アップをめざす高度な内容です。

個々の理解度を把握して指導する少人数制

少人数制指導で、個々の生徒の学力到達状況をふまえた授業を行います。また学力とともに生徒の人間的な力を養うため、火曜日は授業を6限で終え、クラブや生徒会活動に参加することを勧めています。ただし活動日の多いクラブとの両立は難しいため、詳細を確認してクラブを選択してください。

京大講座などの独自の取り組みで受験に備える

京大講座など各大学の過去問題を扱う講座や、卒業生から学習法を学ぶ交流会、東大・京大などの見学・講演会から、学習合宿(年2回程度)、長期休暇中の進学特別講座、外部講師による受験指導、個々の学力を引き上げる支援体制まで独自の取り組みを整え、難関大学への現役合格を確かなものへと導きます。

特色ある取り組み

難関大学・国内主要機関見学

自身を客観的に見つめる機会をつくり
大学進学に向けての意識を高める

高校2年時に希望者を募り、東京大学をはじめ難関大学やJAXAなどの主要機関を訪れます。各方面で活躍する方々の声を聞く機会もあり、「自分の甘さに気づくことができた」などの声があがる、大学進学に向けての意識を高める機会になっています。



二次対策

受験校に合わせた教科担当者の
マンツーマン指導

国公立二次試験対策として添削指導を授業や課題で行っていますが、入試直前期は受験校に合わせて教科担当者が個別で指導にあたります。教員は大学入試問題を分析し、生徒の答案作成能力を高めています。