先輩の声

志望大学の夢を叶えて充実した大学生活を送る
卒業生の先輩たちにインタビュー。
大学での学びや、京都橘時代の学校生活
どんな勉強の仕方をしていたのか
将来の夢などを語ってくれました。

タイムマネジメントを行う習慣がつきました。

Bコース(現Eコース)
[2016年度卒業生]
京都府立医科大学 医学部 看護学科 1回生

入学当初から志望大学が決まっていたこともあり、勉強と部活動を両立させながら、受験勉強に励んでいました。普段から早起きをして朝に勉強することを習慣とし、TM手帳も活用していたので効率よく勉強することができました。手帳には1週間の目標や振り返り内容を書くために、毎日勉強した内容や時間を細かく記入。そうすることで、あとから自分の行動を見直すことができ、無駄な時間を過ごさないよう意識して行動することができました。部活動では、バトン部の部長を務めていたので時間や予定を管理しながら、周りの意見を聞いてチームをまとめることができました。将来は、在宅医療の分野で貢献できる看護師になりたいと思っています。そのためにも、まず自身のタイムマネジメントを継続してしっかりと行い、高度な医療技術や知識を身につけ、患者さんの望む治療の手助けをしたいと考えています。

他には類をみない恵まれた学習環境でした。

Sコース
[2016年度卒業生]
神戸大学 経営学部 経営学科 1回生

国公立大学の合格率の高さと実際にオープンキャンパスで学校へ訪れた際に見た図書館やブラウジングコーナー、自習室など勉強する環境の豊かさに魅かれ、京都橘を選びました。1年生の頃から学習習慣をつけるために毎日少しでも勉強する時間を欠かさずつくるようにしていました。そのため、わからないことがあればすぐに相談でき、落ち着いて集中できる環境が整っていることが受験勉強のモチベーションにもつながりました。そのほかにもTM手帳やSL(放課後の自学習)、長期休暇期間の特別講座など自分のやる気さえあれば、確実に目標とする進路を実現することができる環境が整っています。そのおかげで、苦手だった数学も理解し現在の大学での学びに生かされています。大学卒業後は、商社などに入り、日本にとどまらず、世界規模で活躍できる人間になることを目標にこれからも頑張っていきたいと思います。

どんなときでも背中を押してくれる
熱い先生方がたくさんいます。

Aコース
[2012年度卒業生]
京都橘大学 看護学部 看護学科卒業
北野病院 看護師

京都橘では、熱心に指導してくださる先生方、勉強とクラブ活動の両立を図れる環境が整っているので、どちらも全力で取り組むことができました。どんなことでも親身になって相談にのってくださる先生方が多く、先生と生徒の距離が近いことも魅力の一つだと思います。こうした先生方のサポートがあったからこそ、小さい頃からの夢であった看護師の仕事に就くことができたと感じています。現在、血液・腎臓内科病棟に配属され、日々、患者様のケアにあたっています。在学当時、所属していた女子サッカー部で得た「チームでの連携」を、今後の医療の現場でも生かして頑張りたいと思います。

やる気を最大限尊重し、
引き出してくれる学校です。

BⅡコース(現Sコース)
[2006年度卒業生]
中央大学 法学部 法律学科卒業
京都大学 法学部
法学研究科法曹養成専攻(法科大学院)修了
弁護士

高校時代はBⅡ(現Sコース)に在籍し、勉強・部活(陸上)・学校行事と精一杯努力していました。京都橘には何かやろうと思えば支えてくれる先生方がたくさんおられるので、何事にも精力的に取り組むことができ、目標に対してひたむきに努力する習慣がついたと思います。そのおかげで長年の夢だった弁護士になることができ、現在は依頼人の意向を最大限実現すべく、日々励んでいます。今後は、何が依頼人にとっての最善かを一緒に考え、提案できるような弁護士になりたいと考えています。これから高校生活を送る皆さんには、生徒のやる気を尊重してくれる京都橘での学校生活を通じて、何がしたいかを考え、その実現に向けて主体的に行動することをお勧めします。

高校時代の部活動と生徒会の両立が今に活きて

Bコース(現Eコース)
[2012年度卒業生]
カリフォルニア大学 バークレー校
分子生物・細胞生物学部 発生生物学科 在学中

現在、大学に通いながら、校内にある研究室で働いています。プロフェッショナルな研究に携わるのも良い経験になると思い働き始めました。また、医療現場において日本語と英語間の通訳をする部活にも所属しています。勉強、ラボ、部活のバランスを考えながら予定を組み、それがしっかりとやりくりできたとき、やりがいを感じます。高校では演劇部と生徒会に所属し、私なりに両立させることを目標にしていました。高校卒業後に海外の大学に行こうと決めたきっかけは、高校1年生の時のカナダ短期留学と、英語科のネイティブの先生が海外進学を提案し、後押ししてくださったからです。今後は大学院進学、または一般企業での就職を考えています。

いろんな人と出会い、
お互い高めあえる場です。

Aコース
[2009年度卒業生]
関西大学 社会学部 社会学科卒業
株式会社リクルートライフスタイル
じゃらん編集部 編集担当

中学生の頃から雑誌が好きで、いつか作ってみたいという思いから、現在の仕事を選びました。今は、「関西中国四国じゃらん」という月刊の旅行雑誌の編集をしています。毎月の特集ラインナップを決めるところから、本になるまで全てに携わっています。自分の記事でアクションしてくれた読者の感想を見ると、すごくやりがいを感じます。京都橘の生徒は本当に個性豊かで、目標は違えど、各人が高い目標を持っています。部活動に励む人がいたり、学業に専念する人がいたり、なんでも相談にのってくれる先生方がいたり、いろんな人との出会いの中で、お互い刺激し合い、意識を高められる学校です。現在目標を持っている方も、そうでない方も京都橘なら絶対に楽しい学校生活が送れると思います。