先輩の声

志望大学の夢を叶えて充実した大学生活を送る
卒業生の先輩たちにインタビュー。
大学での学びや、京都橘時代の学校生活
どんな勉強の仕方をしていたのか
将来の夢などを語ってくれました。

6年間で身につけた日々の姿勢から
現在の私がいます。

Vコース2期生[2016年度卒業]
大阪大学 医学部 保健学科 看護学専攻 1回生

私は大学進学へ向けて、早くから受験勉強に取り組める中高6年間の教育に魅力を感じ、京都橘中学校への入学を決意しました。高校からは様々なコースの人たちと学校生活を共にでき、幅広い繋がりを持つことで、たくさんの事を学ぶことができる点も魅力のひとつでした。また、6年間を通して、一番大きく成長したところは、日々の学習習慣を身につけられたことです。中学校の頃から、毎日きちんと勉強をする姿勢が習慣づけられていたので、実際の受験勉強の時期には、モチベーションを保ちながら、通学中などの時間を活用して英単語をひたすら暗記するなど、より効率よく勉強することができました。さらに、放課後や長期休暇中でも様々な講座があり、先生方もわからないことがあれば、わかるまでしっかり指導してくださったのでとても役立ちました。京都橘で培った日々の習慣は、現在の大学の学習でも生かされています。

常に挑戦し続けられる環境が整っています。

Vコース2期生[2016年度卒業]
広島大学 文学部 人文学科 1回生

国公立大学進学のパイオニアになりたいという思いから、3年生の春ごろには、一般入試を見据えて、休日は一日10時間を目標に勉強を行っていました。それまではどのように勉強を行っていったらよいのか悩んでいましたが、学習方法や口述試験対策など繰り返し先生方に練習につきあっていただき、どのような質問が出されるのか傾向と対策を練りました。また、放課後に行われていた「学力伸長講座」では忍耐力が鍛えられました。数学の講座のときには、大学入試の問題を用いて1時間じっくり考えることもあり、集中して物事を考える良い訓練になったと思います。非常に熱心な先生が多く、思いきり勉強や課外活動に打ち込める環境なので、挑戦すればいくらでも可能性を広げられる学校です。目標に向かって諦めずに挑戦し続けられたのは、6年間の学校生活のおかげだと思います。

先生の一言で
本当にやりたいことが見えました。

Vコース1期生[2015年度卒業]
香川大学 医学部 医学科 2回生

私は、ずっと薬学部をめざしていましたが、高2になって初めての面談で担任の先生に、薬学部以外の学部にも目を向けてみるのもいいのではないかと提案されました。今まで薬学部しか見ていなかった私はその助言によって、他の学部にも目を向けて調べるようになりました。自分のやりたいことができる学部を探した結果、医学部を志望することに決めました。医学部に合格するために猛勉強していましたが、推薦入試を受けると決めた後は、医療問題について詳しく調べ、それらのことについて小論文を書く練習をしていました。志望理由書に関しても担当の先生に10回以上添削してもらうほど、力を入れて書きました。進路指導では、自分の将来を考える機会を与えてくださったことで、本当に行きたい学部を探し出すことができたと思っています。

個性に合わせた進路指導が
京都橘の魅力です。

Vコース1期生[2015年度卒業]
神戸大学 理学部 化学科 2回生

京都橘では、テストの範囲にとどまらず、社会に出ても必要となる社会性を育む授業も行っています。部活動など日常生活で得たコミュニケーション能力は今も役立っています。僕自身、これという夢がなかったのですが、夢を持つ友人が一生懸命になっている姿に感化されたのと同時に、京都橘の先生の「ゆるりと夢を探して行こう」という言葉は安心させてくれました。進路については、悩むことなく第一志望へと突き進めました。また、受験前後も6年間の関わりという強みを活かす物理的、または精神的なケアも充実していました。モチベーションを上げるのが難しかったのですが、友人と競い合うことができたことも、6年間の産物だと思います。常に自分を客観的に分析して、自分に今、何が必要かを明確にして次のステップに進むという作業を行っていました。そして、自立および共生に関する能力は京都橘の学園生活で得ることができました。