橘の風―行事・イベント
 
  • 2018年04月8日
  • 橘の風―行事・イベント

2018年度入学式

4月7日(土)前日の雨も上がり雲間から光が射す中、ご来賓・保護者の皆様のご臨席を賜り中学校9期生(67名)高校117期生(322名)の入学式を挙行しました。



出身小学校・中学校などからの祝電がセンターホールに掲示されました。生徒会室前のチョークアートが入学式に花を添えました。



記念撮影には長い列ができました。また数多くのクラブがチラシを配布し、勧誘をしていました。



入学式を前に担任が生徒たちに優しく声をかけ、緊張をほぐしました。いよいよ入学式。吹奏楽部の演奏が流れる中、生徒会の先導で入場です。



担任の呼名に大きな声で返事をしました。校長からの入学許可があり、これで今日から京都橘生です。



校長からは本校の教育理念「自立・共生」を叶えるために自由と責任は表裏一体であることを忘れず、多様性を認め挑戦を続けて欲しい、との式辞がありました。また、今年も多数のご来場に伴い第2会場を設置しました。入場制限にご協力いただき、誠にありがとうございました。



新入生代表の挨拶では中高それぞれの代表が新生活にむけての決意を述べました。



在校生代表からはいつでも相談に乗るので一緒に勉強やクラブに打ち込んでいきましょう、との言葉が送られました。続いて、校長から学年団と運営委員の紹介がありました。



式の最後には新入生を歓迎して吹奏楽部がビバルディ「四季」より「春」を演奏しました。閉式後、各教室でクラス開きが行われ、担任からクラス運営方針についての説明もありました。月曜日は始業式・対面式、火曜日は健康診断、水曜日は学力推移調査・スタディーサポート、木曜日には授業が開始、午後は新入生歓迎会もあります。慌ただしい日々が続きますが、元気に登校してきてください。