橘の風―行事・イベント
 
  • 2019年03月16日
  • 橘の風―行事・イベント

中学校卒業式

3月15日(金)Vコース7期生(64名)の中学校卒業式を多数のご来賓の皆様にご臨席いただき挙行いたしました。



朝から青空が広がり、卒業生を祝福しているようです。中学2年の代議員に先導され、卒業生入場。担任に呼名され、一人ずつ壇上で校長から卒業証書を授与されました。



入学当時は大きかった制服も今では少し小さく感じるくらいにまで成長しました。校長からは「厳しい社会情勢だが、夢を持ち努力し続けること」「家族への感謝の気持ちを伝えること」との式辞があり、来賓からも祝辞を賜りました。送辞ではいつも頼りにしていた先輩との別れはさみしいけれども、しっかりと志を受け継ぐ決意を伝えました。



答辞では3年間を振り返り、同じ時間を過ごした仲間や教職員との思い出、支えてくださった保護者への感謝の気持ちを思いを込めて述べていました。「旅立ちの日に」は保護者席の方を向き、涙をこらえながら大きな声で合唱しました。



「蛍の光」の斉唱の後、在校生や保護者、教職員の拍手に送られ退場する卒業生。見送る担任団の感慨もひとしおです。

7期生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。義務教育を終えられた卒業生の表情は晴れやかで、輝いていました。これからも幸多かれと心より祈念いたします。