橘の風―行事・イベント
 
  • 2019年04月9日
  • 橘の風―行事・イベント

2019年度入学式

4月8日(月)夜半の嵐も去りまぶしい青空に桜が映える中、多くのご来賓、保護者の皆様にご臨席賜り、2019年度入学式(中学校Vコース10期生65名、高等学校118期生338名)を挙行しました。



春爛漫、希望にあふれる新入生の記念撮影が校内各所で行われていました。



桜のトンネルの下、在校生のクラブの勧誘にも力が入ります。式直前には担任が緊張している新入生たちに優しく声を掛けました。



担任に呼名され、大きな声で新入生が返事をしました。



今年度も各ご家庭の入場制限を設けさせていただき、保護者の皆様にホールに全員ご入場いただくこと叶わず、第2会場に中継でつないでご覧いただきました。ご協力いただきありがとうございました。校長からは大きく変化する社会の中で自立できるよう、その礎を中高6年間、高校3年間の学習や行事、クラブ活動で養って欲しい、との式辞がありました。



新入生代表が入学にあたっての決意を高らかに述べました。



在校生代表の歓迎の言葉の後、担任団と運営委員の紹介がありました。高校吹奏楽部がヴィヴァルディ作曲「四季」より「春」を歓迎演奏し、華やかに式を締めくくりました。



式終了後、保護者の皆様にも教室に入室いただきました。

明日は対面式・始業式です。週の半ばには寒の戻りがありそうですが、元気に通学してくださいね。