橘の風―行事・イベント
 
  • 2019年05月28日
  • 橘の風―行事・イベント

ドリーム☆スクール③

50分企画は一人2つのプログラムを選びます。



今年も京都橘大学からの特別企画がありました。「オール橘」で臨みます。「聴診器を使って体の音を聞こう」では小さな音に集中して心臓の音などを聞きました。「人の命をまもるぞ」では大学生も参加し、いざという時に命が守れるように人形を使って練習をしました。



「書道パフォーマンス体験」でも大学生が活躍してくれました。「英語のリズムを楽しもう」では大学からのネイティブ教員とゲームを中心に英会話を楽しみました。



吹奏楽部の「シング・シング・シング」では吹奏楽部の衣装を着て楽器演奏をしました。英語科の「英語でクッキング」はサンドウィッチを英語の説明を聞きながら作り、みんなでおいしくいただきました。



国語科の「しってるかい? このことば」は大人でも難しい漢字の読みなどに挑戦しました。数学科からは3つのプログラムがあり、まず一つ目は「パズル三昧」。お菓子の形をしたパズルを完成させると、同じお菓子が貰えるとあり、集中力のある50分となりました。



「ハノイの塔」ではいろいろな算数の問題に取り組みました。「将棋の『こま』で遊んでみよう」は鋭い指し手もあり、アットホームな雰囲気で楽しく過ごしました。



数学科からはもう一つ「折り紙で箱をつくろう」では複雑な形の箱をいくつも作りお土産として持ち帰っていただきました。生徒会企画の「トレジャー☆ハント」は今年も校内に置かれたカプセルを探しました。中に入っているクイズを解きつつゴールをめざします。妖精に扮した生徒会メンバーがヒントを出し、参加者全員がクリアできるようにサポートしていました。



社会科からは「たちばな探検隊」がフィールドワークに出掛け、学校近くの歴史を見て触れて学びました。また、企画ではありませんが地下食堂の「たちばなカフェ」では保護者の皆様がゆったりと過ごされるように絵本やコーヒーなどをご用意し、大勢の皆様にくつろいでいただきました。

「ドリーム☆スクール」を通じて地域の皆様に本校の教育内容を還元できる端緒となればと思い5年。次年度も「遊び心が夢へとつながる」をテーマに「ドリーム☆スクール」を開催していまいります。また皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

ご参加いただきありがとうございました。