橘の風―学習・進路指導
 
  • 2018年03月26日
  • 橘の風―学習・進路指導

高1・Vコースフィールドワーク

3月20日(火)高校1年Vコース生が社会の授業の一環として京都の寺社仏閣を巡り、日本史についての理解を深めてきました。



京都は歴史の舞台となった名所も多く、生徒たちは興味を持って見学していました。行先は六波羅蜜寺、六堂珍皇寺、清水寺・地主神社、豊国神社・方広寺・耳塚です。


六波羅蜜寺の宝物館では空也上人像や平清盛像を見たほか、各種の仏像の説明を受けながら鑑賞しました。清水寺はさすがに一度来たことのある生徒も半数ほどいましたが、改めて創建から現代にいたる歴史に思いを馳せました。豊国神社では豊臣秀吉政権の権勢や徳川家との戦い、耳塚では朝鮮出兵について中華思想(華夷秩序)を軸に学びました。