橘の風―学習・進路指導
 
  • 2018年11月26日
  • 橘の風―学習・進路指導

中2・天文台出前授業

11月16日(金)国立天文台の出前授業「ふれあい天文学2018」と題し、中学2年生の理科の授業で出前授業を行いました。テーマは「太陽系外の惑星を探す」です。



天文台の先生方には、人が星を観測するようになった歴史や現在の観測の機械や場所について、また天体の種類、そして地球外生命体の可能性についての講義をしていただきました。天体について詳しく習うのは中学3年生になってからですが、天体について興味を持っている生徒は多いようで、天文台の先生方の問いかけにも積極的に答えていました。この授業を機に、3年生での学びに生かそうとしていました。また、天文台の先生方からは生徒たちが熱心にワークシートにメモを取っていて驚いた、と言っていただきました。